こんにちは!印西市や白井市をはじめとした千葉県で、外壁塗装工事、屋根塗装工事を施工している杉浦塗装です。

みなさんは外壁のクラックをご存知ですか。
クラックと聞くとぴんとこないかもしれませんが、ヒビと表現するとイメージが思い浮かびやすいかもしれませんね。

そこで今回は、クラックについてご説明してから、どういったクラックが要注意なのかについて触れようと思います。

外壁のクラックとは


クラックと呼ばれるヒビは、モルタルやコンクリートの壁に発生します。
その原因は風雨による劣化や気候などの条件によって伸縮することによります。
クラックを放置しておくと、そこから浸水してしまい、結果的に雨漏り被害に発展してしまうこともあるため、注意が必要なのです。

雨漏り被害は家の寿命を短くしてしまうことにも繋がります。
ですから、被害が出る前段階で食い止めることが必要です。

クラックの幅
注意すべきクラック幅の目安は、0.3mm以上といわれています。
0.3mm以下のクラックでしたら外壁塗装で補修することが可能ですが、それ以上になるとシーリング工事を行ってから外壁塗装を行うほうがいいからです。

もちろん個々の外壁の状況にもよりますが、クラックを見つけた場合は塗り替えのサインです。
ぜひとも専門業者に依頼することをおすすめします。

クラックの向き
雨漏り被害に繋がりかねない危険なクラックを見極める方法として、クラックの向きが挙げられます。

横方向のクラックは縦方向のクラックより危険度が高いのです。
というのも横向きのほうが雨水が入り込みやすいからなのです。

その他、コーティング部分に入っているクラックより、モルタル壁の深部にまで達しているクラックのほうがよりリスクが高いといえます。

とはいえ素人には判断がつきにくく、専門家への判断を仰いだほうがよい部分でしょう。
ここまで、「外壁のクラックに要注意!~塗り替えのサイン~」についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

本コラムがご参考になれば幸いです。

外壁塗装なら杉浦塗装へ!


外壁塗装工事や屋根塗装工事などの各種塗装工事なら、信頼と実績の杉浦塗装にお任せください。

杉浦塗装は、「技術・価格・保障」という3つの安心をお約束します!

技術
弊社は一級塗装技能士のいる塗装店!
お客様のお困りごとやご相談ごとを解決するための適切なご提案と的確な施工が可能です。

価格
お客様と弊社の間のお取引となるため、中間マージンが発生しません。

保障
工事完了にともなって、保証書を発行しています。

お客様のご要望をしっかりと受け止めて、丁寧で高品質な施工を心がけています。
まずはご相談ベースからでけっこうですので、ぜひ杉浦塗装にご相談ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。


外壁塗装・屋根塗装は白井市・鎌ヶ谷市・印西市密着の杉浦塗装へ!
〒270-1434 千葉県白井市大山口2-4-16
TEL:
047-401-9830
※現場に出ておりますので、お急ぎの場合はこちらへお願いいたします。
※営業電話は固くお断りいたします。
FAX: 047-407-1959